*

措置期間とは何か

据置期間とは融資の最初だけ元金のみを返済するということですが、
そういうものがあるということは知りませんでした。
起業の時は資金が必要で最初は資金繰りに追われることが普通ですが、一年据え置きの場合は最初の年だけでも返済額が減れば12ヶ月ですからとても助かります。
借入は精神的にも負担が重いものです。
特に最初はそうなので据置期間だけでもあるとても助かると思います。
結局は支払うことになるのですが、会社を始めて1年は色々な意味ですべきことがたくさんあるので、 その分の負担が精神的にも楽になると思います。
元金は返済しますので後からの返済の負担もそう多くはならないでしょうから利用できるのならば利用すべきでしょう。
借入はそれを返済することも信用をつける意味で自分の会社の見えない財産にもなると思いますので、 いろいろな方法で返済できるように考えておくのも大切な気がします。
借入などで金融機関などとの付き合いも長くなりますから、無理のない返済ということでは据置期間は有益ですね。


さらにこちら(⇒http://blog.livedoor.jp/a878d/)で書かれています。



コメントする